to hometown-index [焼肉洞]
昔ながらの焼肉屋
焼 肉 洞
2008.04.18-現在移転準備中。移転完成までしばらくお待ちください。
行きつけの焼肉屋さん、ありますか?この吉祥寺にも焼肉屋は沢山ありますが、こんなに純粋に懐かしくなるお店はなかなかありそうで無いかもしれません。そんな、『昔ながらの焼肉屋』に取材に行って参りました。
 
早速ですが、まずは店長の鈴木さんです!
 
今回の取材に至るまで何度かお話をする機会があったのですが、本当に「焼肉」を愛していて、気さくな人柄から、お客さんにも大人気の焼肉洞自慢の店長さんです。
 
 
 
ちなみに、こちらは鈴木さんの大好きなマンガ、「三丁目の夕日」です!昭和30年代のストーリーで、鈴木さんの「焼肉洞」に対する思いと共通な何かがある、そんなマンガのようです。お店に来店の際は是非読んでみては!?
 
 
 
焼肉洞ここが他と違います!!
 
キムチ ・ コチジャン ・ タレ  すべて手作り!!かなりこだわってます。
 
■ キムチ ■

この大量の白菜、これがすべてキムチになります。まずはこの新鮮な白菜を塩付けにして、まる1日寝かせます。その間にタレを作ります。(写真右)
そして次の日、塩から上げ、乾かして用意しておいたタレに少しずつ丁寧につけていきます。

少しずつ束になったキムチを大きな鍋に綺麗に並べていきます。大量の白菜があっという間にキムチになっていく姿が不思議!スタッフさんの素早い慣れた手つきにも感心してしまいます。あっという間に大きな鍋一杯のキムチが出来上がりました。最後に一晩つけて冷蔵庫で美味しくなるまで寝かせると出来上がりです。カクテキ、オイキムチ、ナムルも同様にすべて手作り!!
 
■ コチジャン ■

コチジャンもこの通り、手作りです。何時間もずっと混ぜつづけないといけないそうで、スタッフさんが交換ずつで長時間にわたって混ぜ続けるそうです。まさに「焼肉洞」の愛情そのものです!

 
■ スープ ■
スープだって!ちゃんとダシからしっかりとっているんです。毎日4〜5時間かけてこの作業をしているのだそうです。ちなみに、牛のスネの骨なんですって。本格的〜!
 
■ タレ ■

タレももちろん手作りでこだわっています。ちゃっかり味見をさせてもらったのですが・・・。甘口だけど深みのある味で濃厚!!ゴマがたっぷりなところもイイ感じです。

 

 
 
焼肉洞 おすすめメニュー
 
和牛カルビ定食
ハラミ定食
ビビンバ定食
キムチの盛り合わせ
 
 
昔ながらの焼肉屋
焼肉洞
 
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町
 
1-9-9  2F
TEL 0422-22-8852

営業時間

12:00〜翌0:00
 

( ラストオーダー 23:30 )

定休日 水曜日
HP http://www.yakinikudo.com/
2008年.5月末移転予定。移転完成までしばらくお待ちください。
地図
取材・編集 野原
Copyright (c) 2003 General Web Constractor, fubuki Co., Ltd. All Rights Reserved. info@hometown.ne.jp / tel0422-71-7212