to hometown-index  

 
【器屋】 (取材日2002.10.7)


2002年9月20日に、日本橋の老舗で働いていた方が
独立しオープンしました。
有田焼が中心に、 吉祥寺にありそうで無かったものが、店内にずらり。
焼き物の美しさに触れてみませんか?
ここに行けばきっと、気に入ったものが見つかります!

店内に入り、中央には季節感溢れる商品が並んでいます。
今は、秋らしい器が。大胆で斬新なデザインが魅力の織部焼です。

そして、冬に向けて鍋が続々と入ってきています。
写真のように、2つに仕切られている鍋などもあります。
1点ものの鍋というのも良いですね。いっそうおいしい食事ができそうです。
有田焼中心のセレクトになっています。
焼き物のうちで最も高貴で、陶芸では到達しうる最高級品であるといわれている磁器です。
その中でも、赤色のものが目を惹きました。
真っ赤というのは、難しく、やはり珍しいのだそうです。
所狭しと陳列された商品。
それぞれに引き寄せられる魅力があり、まるでギャラリーにいるような感覚です。
そこで、店主のお薦めをもとに、ピックアップしていきます。


注目の器

■トトロのプレート
こちらは吉祥寺ならではの器です。
裏側も素敵です。ぜひお店でご覧になって下さい。
1997年から毎年発売されてるもので、今は、2000年以降のものが手に入ります。数少ないですので、手に入れたい方はお電話などで注文することもできます。お早めにどうぞ。

お皿を立てるスタンド付きで、5,
000円です。

■絵皿
愛犬や猫の飼っているペットの写真をお持ちいただければ、絵皿やマグカップに伝統工芸士(中尾正三郎氏)が一枚一枚描いてくれるというものです。
仕上がりまでは1ヶ月〜1.5ヶ月程度かかりますが、愛犬の描かれた器ができるなんて、待っている時間も楽しいですね。
写真のものは12.5cm×12.5cmで、6,000円です。
お店に並んでいるものをお買い上げいただいても、写真をお持ちになって注文されても、同じ価格になります。

■青花 (seika)
透き通るような白い器肌に、青の濃一色で描かれた有田焼の名品です。
異人さんが描かれているのが特徴。ひとつひとつ手描きで描かれた藍色の、粋で滑らかな不思議な世界に惹かれ、集めている方も多いとか。
小皿、湯呑み、大皿まで、種類も豊富で、これに名前を入れる事も可能なところが魅力的です。(名入れには1ヶ月程かかります。200円〜)

■走波 (souha)
文化三年、京都から招かれた画工「臼井走波」によって「走波焼」が完成されました。
約250年という歴史ある「走波焼」。五代目、六代目の作品があります。


━五代目の作品━
一つ一つの裏側には、作者の名前が記されています。
下の六代目の作品と比べると、やや淡い描かれ方ですが、しっかりと伝わるものがあり、見ごたえのある美しい器です。

セットで、鍋と一緒にいかがでしょうか。

━六代目の作品━
歴史ある物で高級品ですが、 繊細な筆使いと、温もりを感じさせる独特の色使いが素晴らしく、欲しがるファンが大勢いるというのもうなずけます。
持っているというだけで豊かな気分になれそうです。
■ウサギの磁器
素朴な質感ですが、見ているうちに今にも飛び出してきそうな感じがするほど、本当にかわいらしいウサギ!味のある器です。
ウサギ達で食卓を彩ってみませんか?
お月見の時にも活躍しそうです。


人気の器
■茶碗
1,000円からと、お手頃な価格になっています。
特に大人向けの小さなお茶碗。普通のお茶碗では大きすぎるという女性の方が、探していたけどなかなか無くて、と買っていかれる事が多いそうです。
■べんりー急須
中に仕組みがあり、便利ものです。網の高さよりも、お湯の注ぎ口が下に位置するので、お茶の葉が詰まったり、ずっとお湯に浸ってしまう心配もありません。中の網は外れなくなっており、洗う時は軽くすすぐだけで綺麗になります。
絵柄も素敵で、お値段は1800円から。これは、法事の時のお返し等にぴったりです。
(写真の急須は1,900円です)

京都の和装小物などもあり、和を楽しめるお店です。
何をとっても、見て楽しめるのはもちろん、日々愛用できる使いやすさも備わっていますので、 暮らしに安らぎや彩りを添えることになるのは間違いなしです。
ぜひ、お立ち寄りになってみてください。
器屋からの特典
クーポン券に必要事項をご記入いただきてお持ちいただければ、5%割り引きになります。さらに、鍋をお買い上げいただいた方には、おかべやの天然だしをプレゼント! おかべやの天然だしは、通販生活でも年間売り上げ第3位。売っているお店がほとんどなくて、手に入りにくい人気のだしです。

←印刷する場合はこちら

吉祥寺
器屋

11:00〜21:00
年内は定休日なし

〒180-0004
武蔵野市本町2-11-7
tel 0422-22-2277



Copyright (c) hometown All Rights Reserved.