to hometown-index [rigakukikouin]


【吉祥寺中欧・理学気功院】

今回は02年11月に吉祥寺にオープンした理学気功を取材してきました!理学気功とはなんぞや?と思った方もいらっしゃる事でしょう。
理学気功とは・・・すいません、私もさっぱりわからないまま取材スタートです。



<薄いブルーの建物、下はコインランドリーです>
気功と言うからには触らずに人を吹っ飛ばしたりするアレなんでしょうか?はっきりいって私、気功は苦手です。昔、知り合いにむりやり気功道場につれて行かれ、怪しい先生のかけ声と共に吹っ飛ぶ助手達を目の当たりにしました。助手達はキラキラした目で熱っぽく先生を見つめています。その内私に順番が巡って来たのですが、全くびくとも動きゃーしません。(この雰囲気の中飛ばないのは、や、やばい・・)
焦った私は仕方なく自ら吹っ飛んだのです。
「あれえ〜!」忘れもしない、あれは19の時、クリスマスイブでした(号泣)
そんな事を思い出しながら吉祥寺駅からJR線路沿いに新宿方面へテクテク歩いてゆくと10分位でブルーの看板が見えてきました。コインランドリーの2階、こじんまりとした建物です。





「こんにちわ〜!」気功にトラウマがある私は少し緊張してドアを開けました。
「こんにちわ!」明るく出迎えてくれた萱沼先生はあら、想像してた感じとは全然違います。
人懐っこそうな笑顔のツンツンした頭の普通のお兄さんです。しかも少し茶髪。作務衣みたいな服を着て長い髪を後ろに束ねた、宗次郎(オカリナ奏者の)みたいな人を想像していたのでちょっと拍子抜けです。
ホッとしていると萱沼先生が出し抜けにこう言いました。
「村○さん、凄く色んな事に対してこだわりが強い方じゃない?何でも自分で選びたいし、選択肢がないと凄くストレス溜らない?」
げ、なんでいきなり会ったばかりでそんな事がわかるんですか?!物凄く当たっててコワイんですけど・・
びっくりして固まっていると先生が説明して下さいました。
「骨相学っていうのがあってね、顔の骨格なんかである程度人の性格ってわかるんですよ。村○さんは少し顎が前に出ているでしょう、こういう人は凄く凝り性で色んな事にこだわる傾向があるんです。あと上がり眉毛の人は割合ドラマティックなシチュエーションを好みます。どうですか?」
そ、そうかも。骨格でそんな事までわかるんですか。面白いですね。この、骨相学を身につけると対人関係の対処法なんかもわかるのだそうです。凄い!便利!相手の骨格のわかる写真があれば、例えば「なんで彼氏とすぐ喧嘩になっちゃうのかしら・・」というお悩みにもズバリ答えていただけるそうですよ。骨相学のアドバイスのお影で離婚せずに済んだご夫婦も過去にいらしたそうです。

<萱沼先生。大変ほがらかな人です>



<明るくさっぱりした院内>





それでは早速体験開始です。
まず、チェックシートに簡単に自分の状態を記入(ここまでは病院と同じですね。私は首のコリを記入)、それを元に萱沼先生と相談しながら治療法を決めて行きます。患者さん本人の希望が最優先なのです。

私は「筋反射」による「潜在意識検査法」という検査をしてもらう事になりました。
この検査で体のどこが弱っているかわかるらしいのですがどんな検査なのでしょう?。





不思議!としか言い様のない体験でした。椅子に腰掛けた私の両手を萱沼先生が握って色んな質問をして行きます。
「循環器系は問題ないですか?」質問しながら先生が私の腕をぐーっと後ろに押して行きます。
(問題ないかと聞かれても私にはそんな事わからないよ・・)そんな事を思いながらされるがままになっていると体の調度横あたりで腕がぴたりと止まるのです。
「循環器系は大丈夫ですね、では呼吸器系は問題ありませんか?」もう一度私の腕を後ろに押して行きます。すると今度は腕が体の横で止まる事無く後ろへ流れて行きます。「うーん、呼吸器系が良くないみたいだねえ」(なんで?体が反応するの?!不思議!)

<潜在意識検査法>





そう、私自身わからない事を体が勝手に「YESの反応」と「NOの反応」で答えて行くのです!潜在意識に直接問いかけるので、本人に質問の意味がわからなくても筋肉に反応が出るんですよ、と萱沼先生が説明して下さいました。
凄い!じゃあ、日本語がわからない人でもこの検査は有効なんですね。でも うそ発見機みたいな使い方も出来てしまいますね〜。ちょっぴり恐いです。
検査はこれだけでなくOリングテストや前屈して背骨の歪みをみたり、と多岐にわたります。こうして検査した結果、私は意外な事に『呼吸器系』と『腎臓』が弱い事が判明。首は案外重症ではないようでした。でも痛くて左側があまり向けないんですよね。





理学気功の考え方としては、悪い所がある場合もちろんその場で痛みなどを取り除く処置もしますが、本人の自己治癒力を最大にし、心身共に根本から健康にする事が最終目的なのだそうです。だから、自宅で出来る自己療法や生活指導もきめ細かにして貰えます。
ちなみに足を冷やすのがとても体に悪いそうで自宅で出来る『冷えとり療法』を教えてもらいました。
絹と綿の2重になった靴下を重ねば履きして下半身を暖めるのですが、今ホームタウン事務局ではこの靴下重ね履き健康法ブーム!話を聞いて試した所体調がとたんに良くなった人続出なのです。

<絹と木綿、2重になった5本指ソックス>






<“気”を注入>
また、萱沼先生は「毎週通わないと治らない」とかそう言った事はいっさい言わないそうです。
「こまめに通った方が確かに早く良くなるけど、自分で気付いて出来る人なら1回くれば治る事もあるしね〜」とおっしゃってました。なんてあっさりした人なんでしょうか、でも、これなら気軽に行けますね。
お話を聞く内、私の理学気功への誤解も解けて行きました。
治療の話に戻りますがここでは勿論、人を吹っ飛ばしたりとかそういうことはやってません。イメージ的にはカイロ+気功って感じでしょうか?説明が難しいので写真を見て下さい。
治療とは思えない気持ちよさ。リラックスできます。痛い事は全然しないし時間もそんなにかかりません。





そして!治療後、痛くて左に回らなかった首がくるりんと回るではありませんか!これにはびっくりです。骨をボキボキ鳴らしたり、揉んだり全然してないのに!すばらしき東洋医学!感動しました。
理学気功治療院では体の事は勿論メンタルな事も相談にのってくれます。体と心はお互いに影響しあっているのだからどちらか一方だけの治療では片手落ち、という事なのだそうです。確かに。健康な肉体には健康な精神が宿る、って言いますものね。
体や心の不調があるけど何処へ行けば治るのか、とお悩みの方は一度、理学気功治療院に行ってみてはいかがでしょうか?きっと収穫があるはずです。
もっと詳しく理学気功について知りたい方は理学気功院のサイトをごらんください!
               <文・編集 ムラチカ>

<理学気功についてわかりやすく説明してくれます>

名称 吉祥寺中欧・理学気功院
住所 〒180−0003
東京都 武蔵野市 吉祥寺南町 5−3−21 2F
予約・問合せ 0422−43−1266
E-MAIL info@rigakukikou.com
URL http://www.rigakukikou.com/index.html

Copyright (c) hometown All Rights Reserved.