[フラダンス教室
ハーラウ ナ プア イリマ マイ カ ラニ]

カルチャースクール紹介

[フラダンス教室 ハーラウ ナ プア イリマ マイ カ ラニ]


今回のカルチャースクールはフラダンスをご紹介します。

フラダンスの「フラ」とは、ハワイで「踊り」という意味なんだそうです。なので「フラダンス」よりも「フラ」と呼ぶ方が良いのでしょうね。
 フラはハワイの地で独特に発達し創られたものです。文字をもたなかったハワイの人々は神への祈り、伝説、歴史などを、 メレ(うた、チャント)の形態で記憶され、フラの踊りがそえられました。 宗教的儀式としてのフラを踊るものは特別な訓練を受けた男性だけで、 チャンターが唱える唄と、イプヘケという打楽器などのリズムにあわせて踊られていました。このスタイルのフラをカヒコと呼ぶそうです。
 後に、西洋スタイルが持ち込まれ、 現代のスタイルになったそうです。こちらはモダンフラ(アウアナ)と呼ぶそうです。



 最初に、先生がカヒコを踊ってくださったのですが、その厳かさに圧倒されました。 曲も振りも私の持っていたイメージとはかけ離れたもので、とても男性的です。神聖な踊りであった事を物語っていました。
   

早めに来ていた生徒さんにもお願いして踊っていただきました。
 彼女達の持っている物は、マスカラのようなものに鳥の羽を付けたもので、「ウリウリ」と呼びます。
 本来、レイなども含め、使用する物はすべて手作りで、植物を採取するさいには祈りを捧げ、使用した後はもとの場所に返すのだそうです。今ではハワイでも、レイの花など、探すのが難しくなっているそうですが。



上の写真でもありましたが、この楽器は「プイリ」。
竹を割ってつくったもので、たたいて音を出します。
このページのTopに戻る

生徒さん達が揃い、レッスン開始です。
やはり、足の安定感が重要なようです。
そのため、生徒さんは膝が見える短かめのパレオ姿でのレッスンです。



そして、みなさんとても姿勢が良く、カッコ良く見えました。

先生も、熱が入ります。
ハワイの大会で優勝経験もあるそうで、先生の踊りには感動です。
なにより、とても情熱的な先生です。


みなさん、汗をかいているものの、疲れを見せるどころか、どんどん動きが良くなります。
このページのTopに戻る


ひとつひとつの動きに意味がありそれを表現するのがフラです。
ダンサーはただ踊るのではなく、歌の意味を理解し、考え、
感じながら踊らなければいけないのだそうです。

もう終盤です。
ただただ見ているだけだったのですが、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

終わった後の集合写真。
前列中央が、富田先生です。
今年に入ってから吉祥寺のスクールを始めたばかりで、
生徒さんも、だんだんと増えているところだそうです。
この教室は若い方ばかりですが、7〜70才位の方まで、
幅広い年齢層の方がフラをやっているようです


[ 水曜日クラスの様子です。PM4:30〜は子供さんのクラスもありますよ!フラで健康づくりはいかが? ]

[ 吉祥寺・アムリタ食堂でのショーの様子(03.02.10)※月一回催しております]

[フラダンス教室 ハーラウ ナ プア イリマ マイ カ ラニ]
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−20−3
武蔵野イベントホール
ホームページはこちら → http://www8.ocn.ne.jp/~ilima/index.html
お問い合わせ先電話番号
・03-5376-4144
・090-3087-7566
■レッスン日: こちらをご覧ください
※レッスン日はご相談に応じることが出来ますので、一度ご連絡くださいませ。

このページのTopに戻る
Copyright (c) 2003 General Web Constractor, fubuki Co., Ltd. All Rights Reserved. info@hometown.ne.jp / tel0422-71-7212