特集記事一覧

2009年10月13日(火)

36 sublo(サブロ)

36 sublo(サブロ)
なつかしい文具から多くの人々に長く愛され続けている文具やオリジナルまで店内にはぎっしりと詰まっています。
メールがコミュニケーションの中心となっている現代ですがたまにはゆっくりと文字にして手紙を書いてみるのも良いかもしれませんね。

36のステーショナリー雑貨でアナタの日常にアクセントを

『そういえば小さい頃に近所の文房具屋さんに行くのがとても楽しみだったなぁ。』

36の店内に置かれた文具を手に取っていると当時の思い出が蘇るようであった。

昔ながらの変わらぬ良さと、現代の機能性とデザイン性の融合した何ともカッコイイ文房具が並ぶ。

お店は5人ほどで満杯になるくらいのこじんまりとした大きさ。他のショップとはひと味ちがうお洒落な文具を探す人たちでいつもにぎわっている。

夢中になって隈無く探しているとあっとゆう間に時間が過ぎ、お店を出る頃には辺りは暗くなっていた。

昔から変わらないのは文房具には常に遊び心が詰まっている。カラフルで何とも可愛らしい文房具達が迎え入れてくれます。
20代から30代の女性が6割、男性4割が主ですが地元の小学生からお年寄りの方までさまざまなお客さまが全国から集まってるそうです。
36オリジナルの50音スタンプ。一つひとつなんとも味があり、小さく繊細。
36オリジナルのカバーが皮でできているメモ帳や付箋が入っている小さな皮の袋。他にはないお洒落な文具。

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-28-3-107

電話:0422-21-8118

FAX:0422-21-8118

営業時間:12:00〜20:00

定休日:火曜日

URL:http://sublo.net

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-28-3
「らしさ」に「戦略」を。FUBUKI

暮らしの情報

武蔵野市と吉祥寺の
暮らしの情報をお届けします。

ページ先頭へ戻る