特集記事一覧

2010年12月07日(火)

サーカスカフェ

サーカスカフェ
毎週水・土曜日の昼の「絵本カフェ」。店内は原色で彩られ、まるで子供部屋のようだ。
カウンターもポップな色使い。カフェではあるが、フードやお酒も充実。

昼と夜の顔をあわせ持つ、子供も大人も楽しめるエンターテイメントカフェ。

ずっと気になっていたカフェがある。その名も「サーカスカフェ」。

井の頭通り沿いのビルの4Fにあるのだが、外からふと見かけた時に、窓際で輝くミラーボールと赤や黄色のカラフルな部屋が幻想的で、ひと目見ただけで惹きつけられるには十分だった。

ホームページを見ると、土曜は子供向けの「絵本カフェ」を開催していると知り、早速訪れてみる。店内には先客がいて、ベビーカーの夫婦2組と小さなお子様がのんびりランチカフェを楽しんでいた。絵本やビデオなどもあるし、子供向けのポップで面白いカフェだなと関心していると、夜のショータイムにも誘われた。あの可愛いカフェが夜はどうなるのかと期待して行った私は、その期待以上に、繰り広げられるショーに魅せられてしまった。

最初に発見した時に外から見えたミラーボールは、まさに今が出番とばかりにキラキラと輝き、きらびやかに装飾されたダンサーがライトにあてられ、魅惑的なショーやダンスを演じている。

今までショーを観たことがない私にとって、間近で見れる迫力満点なショーに、すっかり虜になってしまった。

オーナーでもあり、トップダンサーの本城さんは、「ショーのお店って普通新宿とか六本木とか銀座でしょ?そういうのをとっぱらって、誰でも気軽に楽しめるお店を地元、吉祥寺でやりたかったんです。」と言う。

吉祥寺ならではのエンターテイメントをコンセプトに、毎回心から楽しめて元気になれるハイレベルなショーを演出し続けた結果、オープンして1年で固定ファンも多くつき、いつでもお店は大盛況。

非日常な1日を楽しむのにはぴったりの「サーカスカフェ」。毎回さまざまなイベントも開催しているので、訪れる際はぜひHPをチェックし、魅惑的な世界を堪能してほしい。

絵本も置いてあるので、昼は親子連れが圧倒的に多い。
ソファーには大きなくまさんがご相席。
夜のショーでは、ハイレベルな歌にダンス、コミックトークが間近で見れる。
オーナー自ら魅せるダンスポールは迫力満点!!

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-9 FSビル4F

営業時間:18:00〜24:00(L.O. 23:30)

定休日:不定休

電話:0422-24-9601

URL:http://www.loveandleaf.jp

(MH)

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-9
「らしさ」に「戦略」を。FUBUKI

暮らしの情報

武蔵野市と吉祥寺の
暮らしの情報をお届けします。

ページ先頭へ戻る