特集記事一覧

2012年06月25日(月)

シネマテークニューロ 「フィルム映画祭」

シネマテークニューロ 「フィルム映画祭」
試写会の様子。上映作品はルノワールの『マッチ売りの少女』
映写機の使い方をレクチャーするワークショップ

シネマテークニューロ「フィルム映画祭」

シネマテークニューロでは、 映写機を使ったフィルム映画、自主制作映画、サイレント映画とジャズ演奏など、 映画に関わる様々なイベントを開催します。
今回のフィルム映画祭では、誰もが知っている懐かしの作品から、知らなかったおもしろ作品など2日間に渡って上映します。


★1部上映作品★★★
『幕間 - Entr'acte』 (1924年)、監督:ルネ・クレール
『アンダルシアの犬 -Un chien andalou』(1928年)、監督:ルイス・ブニュエル、サルバドール・ダリ
『ひとで -L'Etoile de mer』(1928年)、監督:マン・レイ
『貝殻と僧侶 -La coquille et le clergyman』(1928年)、監督:ジェルメーヌ・デュラック
★2部上映作品★★★
『新学期・操行ゼロ -Zéro de conduite: Jeunes diables au collège』(1933年)、監督:ジャン・ヴィゴ


☆上映作品にまつわるお話をTwitter・Facebookで随時配信しています。
映画を見る前に知っておくと、より映画がお楽しみ頂ける内容です。

facebook:http://www.facebook.com/CinemathequeNeuro
twitter : @neuro_cinema

【イベント詳細】

日時:7月14日(土)~7月15 日(日)
場所:ニューロカフェ Labo 吉祥寺
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-11-11武蔵野ビル7F
上映時間:
1部(16 :00〜18:00)※開場15時30
2部(18:00〜20:00)※開場17時30
料金:1500 円/1日(1部と2部を両方ご覧頂けます)
場所:ニューロカフェ吉祥寺
定員:先着20名様(1回上映につき)
HP:http://neuro-cafe.com/2012/05/post-9.html
お問い合わせ:info@neuro-cafe.com

「らしさ」に「戦略」を。FUBUKI

暮らしの情報

武蔵野市と吉祥寺の
暮らしの情報をお届けします。

ページ先頭へ戻る