特集記事一覧

2014年09月13日(土)

吉祥寺と日本酒 第三回~タイ料理ラコタ~

吉祥寺と日本酒 第三回~タイ料理ラコタ~

吉祥寺で美味い日本酒を飲める店。

美味い日本酒に出会ったことはありますか?
全国各地に様々な味わいを持った日本酒があります。
お店に入って「おすすめを。」と店員さんにお酒をセレクトしてもらうのも楽しみ方の一つ。

今シリーズでは、吉祥寺の「美味い日本酒が飲める店」をご紹介していきます。

入り口写真
mom

本格的なタイ料理と日本酒が楽しめる「タイ料理 ラコタ」

第三回目に登場するのは、店を構えて5年目を迎える「タイ料理 ラコタ」さん。

タイの田舎町を彷彿とさせる店内。カラフルなイラストや置き物などが並ぶカウンターの後ろには一升瓶がずらりと並ぶ。一風変わったこの組み合わせに、始めて来たお客さんは少し戸惑うかもしれない。 タイ人の女性シェフが作る本場のタイ料理とこだわりの日本酒が楽しめる珍しいお店だ。

日本酒のセレクトを担当しているスタッフの池田さんにお話を伺った。

タイ料理と日本酒は合う!?

もともとは焼酎やビールがメインだったラコタ。日本酒を取り扱うようになったのは3年前からだそう。

池田さんの個人的な思いが始まりだった。
タイ料理も好きだけど日本酒も好き、一緒に提供することはできないだろうかと考えていた頃、交流のあった日本酒の酒蔵「寺田本家」の藤波良貫杜氏から「タイ料理と日本酒は合うから一緒にやったらいいよ!」というアドバイスをいただいたと言う。
寺田本家と言えば無農薬米を使った昔ながらの酒造りを行う蔵。蔵に入る以前タイへ滞在したこともあった藤波杜氏はタイ料理と日本の酒にも繋がるものがあると感じていたそうだ。

その言葉に背中を押され、ラコタで日本酒を提供することを提案したところ、社長も即OK。それからは池田さんが中心になり、「タイ料理に合う日本酒」を試行錯誤で探し続けてきた。
今の倍以上の種類を揃えていた時期もあったそうだが、現在はよりタイ料理を意識した酒のラインナップに落ち着いてきたそうだ。

ラープ
酒

タイ料理の風味をまるごと包み込んでくれる日本酒

この日おすすめしていただいたのは、おつまみにもぴったりの「鮭のラープ(800円・税込)」。ラープとは、炒ったもち米と肉や魚などを和えたタイの代表的なサラダ。ミントやナンプラー、唐辛子、レモンなどで味付けされていて、炒ったもち米の香ばしさとハーブの爽やかな酸味と辛みが特徴的だ。
合わせた日本酒は、広島県の「竹鶴 にごり酒(750円・税込)」。竹鶴と言えば力強さのあるお酒の代表格。力強さとまろやかさをもったこのにごり酒は、軽くあたためるとより優しい味わいになる。

鮭のラープと「竹鶴にごり酒」を一緒にいただく。刺激のある味同士だが、ぶつからずに驚くほどすんなりと口の中で混ざりあう。 タイ料理の持つハーブやスパイスの複雑な風味を日本酒がまるごと包み込んでくれるような、ビールにはない不思議な感覚だ。
しっかりとした味の日本酒だからこそ、タイ料理の味にも負けずに味わい深くさせてくれるのだろう。

日本酒と聞くと、「香りが豊か」「淡麗辛口」という従来のイメージを想像する人も多いかと思うが、ラコタにある酒は全く違う。その真逆を行く酒だ。
「香取」「竹鶴」「扶桑鶴」など、味のしっかりした、ぐっと噛みしめるような酒が多い。西日本の酒が多いのも特徴的だ。武蔵関にある酒屋「大塚屋」さんの影響も大きいという。

テラス写真
内観

タイ料理好きにも日本酒好きにもどちらも楽しんでほしい

タイ料理と日本酒という一見不釣り合いに思われがちなこの組み合わせも、最近ではお客さんにも浸透してきているそうだ。燗酒を勧めると、初めは半信半疑のお客さんも多いそうだが、一度味わってみてその相性の良さに驚くお客さんも多いとか。
「タイ料理が好きな人にも、日本酒が好きな人にも、どちらも楽しんでほしい。」と池田さん。日本酒文化もここまで進化を遂げたとは驚きだ。味の懐が広い日本酒だからこその楽しみ方だろう。

日本酒の奥深さを改めて知れる「タイ料理 ラコタ」。日本酒の新しい楽しみ方を探しに訪れてみては。

取材・文/オオトヨウコ 写真/橋本すみれ

お店 タイ料理ラコタ
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目22−10 寿々木ビル 1F‎
TEL 0422-27-5527
定休日 月曜日
ホームページ http://kichijoji-lakota.jp/
外観写真

他にも見つけた美味い日本酒を呑めるお店

旬肴・酒 和-KAZU-
鮮魚のお造りなど旬の食材を使った和食と日本酒を楽しめるお店。カウンター席もおすすめ。
吉祥寺 みかづき酒房
産直鮮魚や朝どれ野菜を使ったおつまみが楽しめる。備長炭で焼く西京焼もおすすめ。
「らしさ」に「戦略」を。FUBUKI

暮らしの情報

武蔵野市と吉祥寺の
暮らしの情報をお届けします。

ページ先頭へ戻る